iMAC買ってみた

私が、NEC PC9801VX2でWindows3.1を使い始めてから何年経っただろうか。
その後、Windows95、Windows98、WindowsNT3.1、WindowsNT4.0、Windows2000、WindowsXP、WindowsVist、Windows7、Windows8、Windows10を使用してきた。
さらにサーバー系ではWindowsHomeServer2011なんかも使った。
唯一買わなかったのはWindowsMe。
現在は、Windows10PCを 5台所有しています。
もちろん今でもパソコンは組み立てパソコンで、いちいちカスタマイズして拡張してこそ趣味のパソコンだと思っているし、これからもその考えは変わらないと思う。(たぶん)
そんな私が、ついにiMacとか、買ってしまった。ほんと、一番驚いているのは私自身。

何に使うのて質問に明確に回答できない。

iMACの印象、兎に角いちいちオサレ。
ツルツルマウスにぺらぺらキーボード。
クソきれいなモニタ。

もちろん、私がパソコンをカスタマイズせずに買う訳なく。
コテコテにしようと思ったが、購入ボタンを押す前に思いとどまった。
27インチ5Kモデルとか、デカすぎて邪魔なのでやめて小さい方にした。
メモリー増設とかSSDとかもやめた。
使用目的が明確でないPCに過剰に投資してもやっぱ無駄と思いとどまる。
そもそも買うなてことなんだけど、なぜかMAC欲しいスイッチが入ってしまった。
結局、21.5インチの4Kの3GHzで1TBのFusionDrive(唯一オプション)にした。
Appleてカスタマイズすると、上海(中国)から来るのね。注文から7日ほどで納品された。

結局、机の上に2台液晶が置けず、Windows用モニタが上に追いやられた。

リモートデスクトップアプリをインストすれば、Windowsにもつながるのね。
壁紙がWindows Server2008とかになってるけど、Widows10のファイルサーバーに接続。
サクサク動作して十分使える。マウスの右クリックとかがWindowsライクに使えず、やはり
異種OS接続の壁を感じる。

調子に乗って、現役のWindows XP にも接続完了。
iMACの正しい使い方ではないです。

今日はこんなところで終了です。
今後も、iMACネタUPしていきたいと思います。
つづく。

因みに買ったのは2週間くらい前です。