Windows10 TechnicalPreviewをインストールしてみる

次期 WindowsのPreview版が公開されたが、Windows9ではなくWindows10だ。
早速テクニカルプレビュー版をインストールしてみた。
簡単にインプレションしておく。
win10a
テクニカルプレビューに日本語版はないのでとりあえずEnglish版をダウンロードしてVMwareの
仮想環境にインストールしてみた。特に問題なく完了。結構サクサクと動くので驚いた。
懐かしいスタートボタンが復活している。しかし右半分は従来通りのスタート画面と同じだ。
しかしこれはこれでいいかも知れない。
win10b
タスクバーに見慣れないボタンがあったので押してみると、複数のウィンドウを替えるための
ものだった。
win10c

全てのプログラムボタンを押すと昔のWindows同様に左側のスクロールメニューにAppが表示された。
右側のメトロUIのブロックは必要なのか。
win10d
設定により、Windows8同様にスタートメニュー形式にも変更可能だ。
ところが、戻し方が分からない。Englishがわからん。
全体的な感想としては、Windows7に Windows8を融合させた感じ。
スタートボタンの完全復活は大いに評価したい。
Windows8はやっぱり失敗でしたとマイクロソフト自ら認めた感が強い。
当然Windows8ユーザーは無償バージョンUPでないと納得できない。
ファーストインプレッションはこんな感じ。

0
パソコン
広告
Silent Dream | an氏のブログ

コメント

  1. […] 以前Windows10 TechnicalPreviewの英語版をインストールした記事をUPしたが、 いつの間にか評価版はBuild 9926が公開され、日本語版も追加されていた。 さっそくISOファイルをダウンロードし、前 […]