Cyclemeterバージョン5

ちょっとデジモノの紹介です。
以前、ソニーの自転車対応のカーナビNV-U35を紹介しましたが、自転車での走行記録を取るという点では、いまひとつ満足できませんでした。最近iPhoneアプリでよさそうなのがあると聞いて、早速試してみました 。

Cyclematerバージョン5(有料アプリ600円前後)

サイクルメーター

いろいろできるみたいですが、まずはスクリーンショットを見て下さい。

20110709210326

スタートボタンをタップすると、計測を開始します。自転車に乗っているときの時間と走行距離、現在の速度、平均速度と、最高速度。「残り」というのは使用したことありませんが、おそらくあらかじめコース設定をした場合の残り距離だと思います。自転車に乗っている時間は、速度ゼロ検出機能をオンにすれば、コンビニで休憩して止まっている時間を除いて計測することも可能です。
気になる計測値の精度ですが、一般的なサイクルコンピュータと比較してみると、距離は概ね一致します。5%位は差が出ますが、あとで紹介しますが、googleマップなどにKMLファイルとしてインポートすれば、距離はマップ上で正確に測定可能です。最高速度は、概ね一致する時もあれば 、そんなに出してねえよ!てくらい速い値が出る時があります。全体的には、最高速度は少々速めに表示されます。
もちろん、スタートボタンを一度タップすれば、アプリはバックグラウンドで動作しますので、カバンの中にしまっておけばOKです。バッテリーの消耗には注意する必要があります。

20110709210233

先日、岡崎の藤川宿へ往復した時の測定結果です。まあ、こんな感じです。サイクルコンピュータで測定した結果は記録しておかないと消えてしまいますが、iPhoneの中に残っているのはいいです。

20110709210233(1) 20110709210233(2)

マップ上に走行軌跡表示され、おそらく1キロ毎のポイントで、それぞれの平均速度が計算されています。スピードの推移のグラフと、高度の推移グラフも表示してくれます。しかし、このデータをどう生かせばよいのかわかりません。

20110717112056

私が一番ほしかった機能がこれです。一番上の「Eメール/エクスポート」というやつです。走行データをKMLファイルにして、自分のパソコンのメールに送信すれば、google earthやgoogle マップにインポートできるわけです。これで、ブログなんかで記事を書くときに、googleマップに線を引かなくても、すぐに走行記録マップが完成するわけです。iPhoneをお持ちで、興味のある方はお試しあれ。

より大きな地図で 藤原宿ポタリング を表示

iPhoneをハンドルに取り付けるためのパーツです。
ハンドルの直径に注意して購入しましょう。22.2mmにしか対応していないものがほとんどです。

ハンドルに直接つかない場合はこんなものもあります。
こちらも対応しているハンドル径に注意が必要です。
詳しくはミノウラのページで確認して下さい。

0
自転車雑感
スポンサーリンク
Silent Dream | an氏の雑記

コメント