コレガ ギガビットスイッチングハブ

久しぶりのブログ更新となるが、自転車関連の記事ではない。
夏場は自転車はお休み。「熱中症」厳重警戒中に不要不急のサイクリングして体調を崩す様な事はしない。
もう2か月くらい待ては、快適なポタリングができるから我慢だ。
ところで、タイトルの通り、「コレガのギガビットスイッチングハブ」を買った。

IMG_20160823_194826
上の写真は、4〜5年ほど使用して壊れたHUB(コレもコレガ製)
どこが壊れたかと言うと、付箋に書いてある通り。
通信機器というのは、買ってから電源入れて、基本的には電源を切ることはない。
家庭用のものは、およそ4〜5年くらいで電源系か、コンデンサなど電子パーツの劣化で動作が不安定となり
使用不能となる事が多い。今回も6番ポートは完全に通信不能となり、他のポートもなんだかおかしい。
そもそも、ルーターやHUBは、電源入れぱなしだと、速度の低下や動作不安定になったりするので、時々電源の
オフ・オンをすると復活する事が多い。しかし、今回は完全に壊れた。

そして、今度購入したのは
corega1-2

コレガ(これが)、コレガの新HUB(おやじギャグにも使えるコレガ)
ネットワーク機器に詳しいネットワーク機器厨にはピンとくるかも知れないが、
アライド製の 筐体と同じで、ブランド名だけが「コレガ」になってる。
スペックだけで比較すると、アライド製と同じに思える。
詳しいスペックはコレガのWEBサイトを参照してほしい。

普通のスイッチングHUBなので、特筆する事もないが、「ループガード」「ファンレス設計、50℃対応」 などが特徴だ。EAPパケットを透過するらしいが、普通の家庭での使用では必要ない。
IMG_20160821_211301

設置する前に写真を撮り忘れたので、こんなごちゃごちゃした設置写真しかない。
法人向け製品らしく、4年保証。
ちなみに、8ポートの物は、この記事を書いた時点(2016.8)では、まだ発売直後なので、入手先が限られる。
アマゾンではまだ扱っていない。私は、発売前にヨドバシドットコムで予約して発売日に入手できた。
コレガのオンラインショップで注文するのが一番早いかも。
値段は、8,000円(税抜き)とかなり安い。
長持ちする事を願う。

おわり。

0
パソコン
Silent Dream | an氏の雑記

コメント