岡崎安城ポタ(59.3Km)

最近どうも、ロードバイクのポジションが気になって、ハンドルの高さを変えてみたり、サドルの
後退幅を変えてみたり、ステムを交換してみたり・・・・。
今さらポジションを少し変えたぐらいで、格段に速くなるわけでもなく、結局いろいろ試した結果
もとのポジションに戻ってしまいました。(汗)
今日は、ポジションを確認する意味で、近場をポタポタしてきましたが、2~3日前にお尻に
「できもの」ができて、それが痛くて、ポジションの確認どころではありませんでした。

当てもなく迷走して、こんな感じでぐちゃぐちゃ走りました(ルートラボにリンクします)
国道1号線を岡崎まで暴走して、矢作川を越えたところで、八丁味噌資料館を撮影

P1150014
最近は木の樽ではなく、ステンレスの樽みたいですね。

P1150016
随分前ですが、NHKの朝ドラ「純情きらり」のロケが行われたのも、八丁味噌資料館の裏通り
なんですね。今は舗装路ですが、撮影の時は、土を入れて昔の未舗装を再現したそうです。

岡崎公園(岡崎城)の中を通り、乙川沿いをしばらく走ります。

P1150021
乙川です。桜の木も今は青々としてます。桜の季節に来ると綺麗なんですけどね。
岡崎市役所の裏側を通り、旧東海道の二七曲がりの最後の二曲がり位を走り、東名高速
岡崎インターの下をくぐり、太平方面へ出て、再び国道1号線と合流します。
太平橋で乙川を渡り、県道48号を安城方面へ戻ります。少し起伏がありますが、走り安い
道です。

P1150024
矢作川に架かる「渡橋」から岡崎市街地方面を振り返って撮影
正午近くになって、気温もかなり上がって来ました。もうすっかり初夏の気配です。
まだ、梅雨が終わっていませんが・・・・。

P1150022
矢作川を渡ります。「渡橋」は結構長い橋です。
自転車で走るのは初めてです。たぶん。

P1150026
「安城豊田自転車道」

この後は、安城まで戻り「安城豊田自転車道」を3連水車まで走り、昼食&休憩して、
ナビの帰宅モードを利用してナビに従って走るつもりが、何度も曲がるポイントを間違えて
リルートを繰り返し、どこをどう走ったのか、安城の田んぼの中を迷走しました。

P1150036
ここはどこ?

この後は、間違えずにナビのいうまま走り、気が付くと、何やら見覚えのある道に出ました。

P1150038
逢妻川女川自転車道

なんか、わけがわからないまま、着実に家に近づいていました。
いまさらですが、ナビは凄いと感じました。
実は、私は筋金入りの方向音痴なんです。
ナビは必需品です。
でも、ナビがあっても迷うというのは、方向音痴とかという問題ではないのです。
方向音痴というのは、いろいろな要素の複合体だということが、最近わかり始めました。
人のいうことに素直に従わない。自分が決めた道は間違っていると思っても走り続ける。
走っていれば何とかなるだろう・・・。ということなんです。

P1150029
最後に、今日新しいボトルを使用してみました。
今までは、昔からあるいわゆる「サイクリング用ボトル」でしたが、こいつはちょっと違います。
サイズはやや大きめで、容量は650mlです。シートチューブのツールボックスと干渉して
奥まで入りませんが、使用上なんの問題もありません。引き出し安いように輪っか状の取っ手
がついています。意外に便利です。
飲み口はゴム製で、吸うだけで出てきます。(吸わなきゃ出ない)
吸い口からはストローが容器の底まで伸びていて、容器を押しても水は出てきません。
吸わない限り出てこない仕様になっています。
ボトルの口をロックし忘れて、アクエリアスとかで、バイクがベタベタになるこはありません。
個人的には結構使えるボトルだと思いました。

このようなボトルがいいのか悪いのかは、好みの問題ですね。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tsun より:

    まだナビ買えてません。

    >間違っていると思っても走り続ける
    私もなかなか引き返すことが出来ません。

    • an@管理人 より:

      tsunもかなりの頑固者ですか?
      私と同じにおいがします。
      道に迷って偶然見つける収穫みたいなものも
      多々ありますけどね。(負け惜しみ)