空気入れ

自転車用の空気入れが壊れました。
バルブをロックしても「シュ~シュ~」と空気が漏れてしまいます。

ところで、これまでいろいろな空気入れを使用してきましたが、意外にまともに使えるものが
少ないんですよね。空気圧が上がってくると、バルブから空気漏れしちゃうものや、外れてし
まう物もありました。
P1160324
こういったタイプの物は特にだめです。まともに高気圧入れる事はできませんでした。
しかし、最近普通にスポーツ量販店で買った定番の空気入れが気に入って使っています。
P1160295
トピークのジョーブロースポーツII
安価で、確実に高気圧を充填できます。
P1160304
バルブの差し込み口はこんな感じで、レバーが横向きになっているときはリリース状態
P1160306
バルブに差し込んでレバーを立てるとロック状態になります。
ところが、突然全く使用できなくなりました。
バルブをロックしても空気が「シュ~シュ~」と漏れてしまいます。
分解してパッキンみたいなゴムを見てみましたが、特に亀裂があるとか消耗しているとか
目では確認はできませんでした。
また同じ物を購入しようかと思いましたが、調べて見るとバルブ差し込み口だけ部品として
購入できる様です。早速アマゾンで購入。
P1160339
こんな感じで普通に売られています。
お値段は2千円弱です。空気入れ自体が3千5百円位で購入できるので、なんだか微妙な
値段ですね。
P1160348
交換は極めて簡単です。手で外れますので、新しい物と付け替えるだけです。
道具は不要でした。
P1160351
新品になりました。
P1160354
普通に直りました。
空気入れて、自転車にとって非常に重要なアイテムなんですね。
実は、空気入れが壊れた翌日はツーリングへ行く予定でしたが、結局行けませんでした。
周りに空気ていっぱいあるんですけど、空気入れがないとタイヤの中に入れられないんで
すよ。奥さんに口で入れたら?といわれましたが、1気圧も入れられませんでした。
終わり

0

コメント