使っているヘッドホン(MDR-CD900ST)

ブログネタがないので、私が使ってえぇなと思ったものを紹介したいと思う。

↓ソニー・ミュージックエンタテインメントのサイトより引用
MDR-CD900STは、世界最先端技術を誇るソニーと、洗練・熟知された音創りの感性とノウハウを持つソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同開発によって生み出された完全プロフェッショナル仕様のモニターヘッドホンです。
【仕様】密閉型、63Ω、106dB、5~30,000Hz
↑引用終了

プロご用達のスタジオ用ヘッドホンて事なんだけだ、
私は普段パソコンで音楽聴くのに使ってます。けど、はっきり言って不便です。
(おいおい、えぇなて思ってねぇじゃん)すみません。
欠点(一般人には不便な点)から書こうかと思いまして。

プラグが標準プラグ。
本格的なオーディオ用のデカいプラグです。
小さいプラグは標準ではなくミニプラグなんですよ実は。
しかし、標準プラグ装備いている機器て、本格的なオーディオ装置やプロユースの
物だけになりましたよね。
だから、パソコンやスマホなんかで使うには変換する必要があるの。

コードが長〜い。
プロがスタジオで使うんで、当たり前だけど。スマホで使うとか、あり得ませんから。
書いてるうちにもうコレ要らねよて感じになっちゃったけど。

とにかく、モニター用なので、音圧レベルと周波数特性見てよ。
106dB、5~30,000Hz
パソコンでボカロ聴くのに必要なくね?

パソコンのオンボードサウンドでコレだけの特性出せる物て無いと思う。
最近、ハイレゾ対応とか売りにしてるものあるけど、可聴領域外の再生に拘る必要性てのも、分かるような分からないような。(私の様なオッサンには高域聴こえないので不要)

結局、このヘッドホンの良さていうのは、
プロの現場で必要とされてきたノウハウみたいなものの集大成て事。
耐久性とか、消耗品が交換できるとか。

肝心の音質は、とにかくピュア(自然で色づけがない)超低域から超高域までカットなし、
悪く言えば垂れ流し。
耳ざわりな雑音もそのまま再生。モニタ用てそういう物です。
超時間使用すると疲れます。なんか、藪蛇になった感じもしますが、
ピュアサウンド再生に拘るのであれば一般ユースもありかと思います。
それから、私のように「プロ用」とかいうのが好きな人向け。

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

でも、ブルートゥースのオシャレで便利なのも一つ欲いよね。

Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 Bluetooth対応 密閉型 オンイヤー リモコン有り ホワイト MNEP2PA/A 【国内正規品】
0

コメント