オーオタではありませんが・・

壊れたと思い込んでいたレコードプレヤーが実は壊れてなくて・・・。
単にイコライザーアンプのMM/MCカートリッジ切り替えスイッチの接点が
錆びついていただけらしく、ガチャガチャスイッチ触っていたら突然音が出ましたwwwww
もうね、20年ぶりくらいのレコードプレイヤー復活です。
ということで、久しぶりにオーディオ装置に火を入れました。

若い人には下の機械がなんだかわからないと思います。
カセットテープといって、ビニールテープに磁気が塗ってあるやつに、音楽を記録できる装置です。
ちなみに上の機械はCDプレイヤーです。昔、オーディオオタはこんな大げさな機械を使って
CDを聴いていました。
あと、DATてやつもあるんですが、壊れてしまったので撤去しました。

さっそく、お気に入りのレコードをパソコンに取り込んでデジタル化します。

昔、オーディオにたくさんお金使った時期もありましたが、ターンテーブルであえぐ様に回る
レコードを見て、なぜか笑わずにはいられなかった。
あれほど情熱を注ぎ込んだアナログオーディオに対して、特に執着心がないのはなぜだろう。


TEAC フォノイコライザー内蔵アナログターンテーブル TN-350-CH
0

コメント