ZOZOスーツその後 〜なにがダメなのか〜

ところで、ZOZOTOWNの2018年4月〜9月期の連結決算は、大幅減益となり
ZOZOスーツの失敗がその大きな要因とのこと。

私は月に1〜2回ZOZOTOWNを利用しているので、これは良いかもとZOZOスーツ
を注文してみたのわけだが、3ヶ月待ちとの事。実際には2ヶ月弱くらいで届いた。

スマホのカメラで撮影するタイプのやつだったが、水玉のピチピチスーツ着て何回か
まわったけど、エラーの連発。背景がゴチャゴチャしているとダメとか?部屋の明る
さがダメとか?カメラの角度がダメとか?色々試しながらなんとか成功したものの、
致命的なのが採寸した結果。ウエストと股下がありえない値。
スーツの着方がダメとか?撮影時の回り方がダメとか?色々試したけど、その都度
結果が変わる。
例えば、私が普段履いているズボンのウエストが72〜74だとして、それに対して
ZOZOスーツの値は82とか88という値を出した時もあった。
確かにZOZO流の採寸てのがあって、(ウエスト幅 X  2とか)多少誤差は有ると思うが、
このままオーダーメイドのズボンを注文する気にはなれず、(確実にオーバーサイズ)
そのまま放置してある状態。
ZOZOスーツでの測定値て自分で補正することはできない様で、今でもZOZOで服を買う
時にオススメサイズが LLとか3Lとか表示されるが無視している。

今後、ZOZOスーツはやめるのか、第3弾を出すのか、前澤社長の挑戦は続くていうのは
どうなるのか。
通販で服を買う時のリスクて、やっぱりサイズの失敗。ZOZOスーツの様な発想はいいと
思うが、準備不足(発送の遅れ)採寸結果の精度に問題があると思う。

これはもう捨てるしかないのかな。

0

コメント