ぽたーず「天小屋」ライド

web-1190899

6月29日日曜日
国道257号線の愛知と静岡の県境にあるお食事処「天小屋」へ行って来ました。
(店は静岡県)
web-1190901
私が頂いたのは「ざるそばと桜エビのかきあげ丼(ミニ)」です。
大変美味しゅうございました。

さて、このポタリング企画は、めばる君さんがTwitterで呼び掛けていたもので、
あまり深く考えず参加表明。
集合場所である安城市のサイクルショップリーフさんへ朝5時半頃到着。
次々に参加者が集まりはじめますが、何かね、みんなおそろのジャージ着てるじゃない
ですか。題名の「ぽたーず」ていうのはチームの名前で、みんなが着ているのは
チームジャージて事です。チーム入ってないし、もちろんジャージ持ってない。
あちゃ~、やっちまったか、おいおい「空気読めよ」て感じなんですが気にしない
ことにします。
ジャージはパステル調で「ほ☆たーす★★」とか書いてあるし、天使の羽が生えていて
かわいらしい。
しかし、よく見ると微妙にカラーリングが個人で違います。このあたり面白い。

今回は写真が殆どないのでテキスト中心です。
多少の失言があるかも知れませんがお許し下さいませ。

という事で、私はジャージ着ていないので(裸じゃないですよ)後方のちょっと離れた
所(後半はかなり離れた所)をまったりついて行きます。岡崎の矢作川の堤防で
「恵壱」さんと合流。
恵壱さんて、あのキャノボの恵壱さんですよ。お初になりますが、なんだかタイミング
を外し、なかなか挨拶できません。かなり後になってようやく話かける事ができたが、
何か緊張した。
集合場所にお見送りに来てた「ハンガーノックン」さんともお初だったが、全く緊張感
はなかった。キャラの違いという事か。
恵壱さんが合流してから、確実に集団のペースが上がった事は誰も口にしませんが、
事実です。

最後尾の女性の参加者が信号につかまって千切れはじめるが、始めは待っていた集団も徐々に待たなくなり、ついに、視界から消えてしまった。それでも、ジャージを着ていない私がゆっくり走って待ちますが、女性の方(後から銀行強盗のyan_2さんと判明)が「私は遅いから先に行って下さい」と言い出します。
「いやいや、一緒に走ってるんだから、そういう事ではないでしょう」と思った瞬間、前方で一人止まって待っている男が居るではないですか。
おやおや、やさしい秀くんではないですか、彼女の事は秀くんに任せて、私は全力で集団を追いかける。今から思うと、この行為も人としてどうよと反省。
あの、余談ですが、秀くんとはもう3~4年前から別の集まりで知多半島を数回走った事があるんですが、凄く優しくていい男です。なんで世の女は男を見る目がないんでしょうかね。
でもね、昔から、みんなで知多半島を走ろうていう集合時間前に「もう半周してきました」とか意味不明な事を言ってましたけど。
話を戻します。
そうこうしているうちにくらがり渓谷の入り口に到着。ここまでは概ねマッタリでした。
ここからは、私と秀くんと恵壱さんとで話ながらゆっくり田原坂を上って行きますが、途中であまりの遅さに恵壱さんがしびれを切らして急加速して視界から消えてしまいました。
ここからは、秀くんと再び話ながら上りますが、途中で離脱する事を秀くんが言い出します。
膝が痛いというのは事実の様ですが、何か用事があるみたいな口調だった事はここだけの話にしておいて下さい。

中略

つくでの道の駅には寄らず、がーと下って、新城のセブンで「み~さん」と「めぐちゃんさん」と合流する筈だった様ですが、買ったばかりのユピテルのナビが使いこなせなくて、迷子になっているらしく、なかなか「み~さん」に会えない。実は、鈴鹿でもTwitterで会いましょうと連絡したんですけど、なぜか「み~さん」どこかのチームピットに居たみたいで会えなかったんです。
めばる君さんと電話でやりとりして「そこを動くな」と言われてやっと確保できた模様。
でもさ、ここまでトランポで来ちゃったら、ご飯食べて帰るだけのドライブじゃんと思っても誰も口に出せない。

ここからは、女性二人が合流してマッタリ行くのかと思いきや、二人はサラ足なんでそれなりに速い。

私は、足つりの兆候があったので、あまり踏み込まず回して走るが、徐々に離される。
走りながら写真撮ろうとカメラ出してモタモタしているうちに千切れてしまった。
途中で国道が新道?と旧道?で分かれる所があり、集団がどちらに行ったのか分からない。
念のためルートをGPSに入れて来たので確認したら、旧道の方にルートされている様に見えたので旧道へ進む。しばらく走ると右側の新道を集団が走っているところが見えた。
あちゃ~、やっちまったか、Uターンして新道に戻るか、とりあえず止まって冷静に考える。
GPSマップを見ると間違ってはいない。マップをよく見るとしばらく進んだところで、新道と旧道は再び合流する様なので、そのまま進む。確かに道の駅の手前で新道に合流した。
しかし既に集団は全然見えない。
トンネルを出たところで皆さんを待たせてしまった。でも、数百メートル下ると目的地の
「天小屋」だった。

そして上の写真のざるそばを頂きました。
天小屋さんに小一時間ほど滞在。

天小屋からの帰りは、下り基調とは言え結構な向かい風、千切れると辛いので「幸寿司」さんジャージに必死にしがみつく、後ろからは「めぐちゃんさん」に追い回されて
かなり辛かった。そして、ドライブ組の「み~さん」と「めぐちゃんさん」が早々に離脱。
クルマに自転車もう一台乗るなら一緒に乗せてって、と一瞬思ったのは、私だけではない
と思う。
web-5572
最後にみんなで撮った集合写真(めばる君さんの写真を勝手にレタッチ)
この後は、向かい風とゴルフ場のアップダウンを泣きながら走って帰りました。
最後の国道1号線では、先頭集団でバトルがあった様ですが、後方に居た私には関係なかった。
web-1190903
国道1号線藤川付近かな?
前方に一人見えてましたけど、もう少しで追いつくところで、信号で切れてしまいました。
それにしても6月下旬ともなるとかなり暑い。まだ暑さに慣れていないので、さらに辛かった。そもそも、私は前夜名古屋で飲み歩き、睡眠時間3時間だったので論外。

最後になりますが、企画して頂いためばる君さんありがとうございました。
いろいろ気を遣って頂いてうれしかったです。
それから、参加された皆さん、お疲れ様でした。今後ともよろしくお願い致します。
長文、乱文失礼致しました。

走行ルート(ルートラボにリンク)

他の参加者の記事
ESCAPE R3で行こう めばる君さん
あと3km -more than 3 km-  恵壱さん
健康的不健康 秀さん
rabura02のblog み~さん
Joy and sorrow!~自転車で逝こう~ 風磨堂さん
ぼちぼちだがや ハンガーノックン

その他発見次第追加予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tsun より:

    BRM614中部600kmの一週前に、それを走られた54歳の方と岡崎・豊川辺りをご一緒しました。
    二回目でしたが、上りの凄さはもちろん、その下りの速さに驚きました。
    MTBの王滝100Kmも7時間くらいで完走されているので下りはお手の物なんでしょうが、一気に視界から消えました。
    そう言えば私もMTBやってますが、なんでしょうモノが違うんでしょうね。

    • an@管理人 より:

      MTBやられている方は、下りの技術は抜群ですからアスファルトの下りなら
      さらに速いのかも知れません。
      上りが速い方は、根本的に何かが違いますね。トレーニングも半端ないと思いますが。
      tsunしばらく一緒に走ってないですね。

  2. み~ より:

    お疲れ様でしたぁ~
    あまり長くみんなとご一緒だと、ホントに
    待たせちゃうから・・・(´ー`)

    あれぐらいでいいんです!

    もっと走り込みしなくちゃ~です!
    頑張ります(・∀・)

    • an@管理人 より:

      大丈夫ですよ。この日は、私が皆さんを待たせましたから。
      でも、内心は「遅い人を待つ=休憩」ですからほっとしていたりします。
      誰でも初心の頃は待たせた筈です。
      でも、今回のメンバーは特殊(変態集団)ですから、着いて行けないのが普通です。

  3. いとちー より:

    こんばんは〜
    日曜日はお疲れ様でした。
    藤川付近で見かけられたのは私ですね。
    後半は脚が売り切れで本宿の登りは止まりそうでしたww
    よろしければまた一緒にまったり詐欺にはまりに行きましょうか(^^)

    • an@管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      藤川付近で疲れ切ってポタポタしていた方はいとちーさんでしたか、
      でも追いつきそうで追いつかない、最後はみんな同じような速度で
      離れて走っているもんですね。
      こちらこそまたご一緒させて下さい。

  4. 金属好 より:

    こんばんは
    隣の町の方だったのですね。
    例によってあの面子での詐欺行為は致し方ありませんね( TДT)
    またの機会には、もう少しお声を掛けさせて頂きます(^o^)

    • an@管理人 より:

      私はトランポしましたが、自走で見えたんですね。
      リーフさんからの最後の20キロ程度の帰り道が一番辛かったのではないでしょうか。
      それにしても皆さんのがんばりには感心しました。
      今後ともよろしくお願い致します。

  5. 風磨堂 より:

    こんにちは!

    初めまして。
    先日は、ご一緒いただき、ありがとうございました。
    ブルーの長袖ジャージを見たとき、
    ほぉ、わたしよりずいぶん若そうだな・・・
    ヘルメットを取られたとき、
    えぇ!?わたしよりご年配だよな・・・
    結局、同い年でございましたね><
    ※わたしは、先日床屋で白髪染めしました(笑)
    気持ちだけは「若い」ですが、
    めばるーずの方々と走ると「老い」を感じずには
    いられません><
    わたしがめばるーずさんと走るときの極意は、
    2番目か3番目に「さくっ」っと入ることです。
    後ろになればなるほど、スピードが安定しないので、
    疲れますし、追付こうと追い込まねばなりません。
    にゃはは、ずるい!?
    ではまた。

    • an@管理人 より:

      いらっやいませ。

      皆さん速すぎですて。
      マッタリ走ればいいのに負けん気が強くて頑張りすぎですて。
      確かに一番後ろに着くと、速度にムラがあって、前の人の車輪に接触しそう
      になりますし、いきなり速くなったりして神経使いますね。
      後半は完全に千切れて一人旅でしたが。

      数年前までは茶髪にしてましたがやめました。
      まあ、年の話をすると悲しくなるのでやめましょう。

      今後ともよろしくお願い致します。

  6. […] 有名自転車サイト「ESCAPE R3で行こう」の管理人「めばる君さん」企画ライドに参加するも着いて行けず ・2014年08月 […]