有松・笠寺ちょいフォト散歩 (EF50mmF1.8II)

IMG_1212

Canon EF50mm F1.8II レンズはこれ1本だけ。
おそらく、キヤノンのEFレンズの中で、一番安価なものだろう。
昔Amazonで8,990円で購入した。現在は、新モデルのEF50mm F1.8 STMとなり実売価格16,000円程度で、
値上げされている。(もちろんその分性能も上がっている)
安いのもうれしいが、とにかく軽量コンパクト、デジタル一眼レフのデカイ、重たいを軽減してくれ、首から
カメラぶら下げて、街をぷらぷらしようという気にさせてくれる。
肝心の写りの方だが、8,990円という価格から考えたら大満足だ。
もちろん、値段ゆえに妥協している点も多々あるが、見て見ぬふりをする。
IMG_1229
今回は、絞り開放域での撮影がメイン。(前回FUJIFILM  X100Sでの失敗のリベンジ)
とにかく、開放でF1.8という明るさ。
ボケを生かした撮影をしないと、このレンズは、普通の50mmレンズで終わってしまう。
IMG_1261

発色はイマイチに思えるが、撮影当日は、鈍曇りで、今にも雨が降り出しそうな、午後2時くらい。
IMG_1295

焦点50mmのレンズだが、カメラがAPS-Cなので実質80mmの中望遠レンズだ。
この80mmという画描は嫌いではないが、撮影は得意ではない。 
 

カメラはEOS 40D 
昔のエントリーモデルで、ファインダーが非常にしょぼい。
フィルム時代にEOS 1Nとか使用していたので、どうしても比較してしまう。
ファインダーの視度調整がいい加減にされていたこともあって、ピントの山が分からない。 (本当は老眼の進行のため)  
安いレンズなので、AFの精度も悪いのか、わずかにピンが外れた写真が多い。(要するにへたくそて事だけど)
IMG_1293

有松には、何度も何度も何度も来ているが、80mmの視点で撮ると、違った見方になる。
とにかく、他にレンズはもって来なかったので、80mm縛り。80mmの脳に切り替える必要がある。
IMG_1239

何を撮りたいのか、何を表現したいのか、定まらず、中途半端な写真が多い。 
レンズのボケ味も生かせていない。  
IMG_1248

有松の旧東海道では、条例で、街道にそぐわないデザインの建築物は建てられないらしい。
駅前には高層マンションがそびえるが、アンマッチ感もいいと思う。

IMG_1406

祇園寺
IMG_1319-3

有松旧東海道の上を走る第2環状線。
これは、条例違反ではないのだろうか、有松の旧東海道の景観を著しく損ねている。
IMG_1467

この後、電車で本笠寺へ移動します。
IMG_1512

笠寺観音付近をふらふらと歩く
IMG_1478

IMG_1489

水かけ地蔵さん。穏やかな顔をされている。
IMG_1495

笠寺観音のカメ池に架かる橋。通称カメ池。(亀がたくさん居る池)
何やら、道路拡幅の計画があるらしく、池の一部が立ち退きの対象になるとか・・・。
IMG_1507

商店街の店主の似顔絵なのか
IMG_1518

本笠寺駅にもどり、電車で帰りました。

最後になるが、EF50mm F1.8 II はボケ味に独特なクセがある。(味と言ってもいい)    
一方、絞り込むと Lレンズにも劣らない、シャープさもある。
この辺りは、単焦点レンズならではの強みだろう。

ところで、   新型EF50mm F1.8 STMは、絞り羽が5枚から7枚に増え、最短撮影距離0.35mになったようだ。  
FA機構もモーターがSTMになった。しかし重量は増加している(金属マウント化されたため)
ただ、光学系に変更はなく、コーティングのみ変わったようだ。

買い替えも考えたが、私は軽量な旧型(50mmF1.8II)を使い続ける事にする。
撮る楽しさを再認識させてくれる楽しいレンズです。
ぜひ、おひとつどうぞ。
   
   

IMG_20161023_182902

昔のhama角フードをはめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。