NV-U37 走行ログをルートラボへインポート(その1)

昨日行った多度大社ツーリングのGPSデータ(走行ログ)をルートラボへ
インポートする手順を紹介します。
その前に(ツーリングへ行く前に)ナビ側のGPSログの出力設定をお忘れなく

<GPSログの出力設定手順>

P1130823
「設定タブ」から「設定」をタップ
P1130824
「システム設定」をタップ
P1130897
5ページ目の「GPSログ設定」をタップ
P1130898
「GPSログ機能」をタップ
P1130901
「KML形式」をタップ
「NMEA」を選択するとルートラボへインポートできません。
SONYのPetaマップのサイトへインポートする場合は「NMEA形式」を選択します。

この設定が終わったら、ツーリングへ出かけましょう!

GPSデータはナビのメモリーカードへ書き込まれます。
WS000003
「MSSONY」フォルダ下の「GPS」フォルダに書き込まれます。
ファイル名は
「西暦下2桁」+「月日」+「連番」.kml となるようです。

旧モデルのNV-U35は電源を切る度に別ファイルに書き出されていましたが
NV-U37は、電源を切っても、2時間以内に再びONにすれば同一ファイル
に書き出されるようになりました。
昨日の多度大社ツーリングの時も何度も電源を切りましたが、同一ファイルに
書き出されていました。ただし、ログデータが12時間を超えると別ファイルに
なるようです。

次はルートラボへインポートする手順を紹介します。
記事が長くなるので2回に分けます。

つづく

0

コメント