ロードバイクポタ・ホイール欲しい病とBRM0302チラ見

広告
広告

最近またホイール欲しい病が発症して、色々物色中です。
しかし、先立つモノの目処は皆無。
ここで、私が現在使用しているホイールを紹介しておきます。
まずは、バイク(KUOTA KHARMA)を買った時に付いていたホイールは、
フルクライムのレーシング7。
もともと安いバイクなので、ホールはおまけみたいなもので、
時計なんかに付いてくるお試し電池みたいな感覚で、すぐに取り替えて
下さいという事のようです。

P1160895

これがレーシング7です。見た目は悪くないのですが。
重量はカタログスペックで、1841g(F820g  R1021g)実測してみる
ともう少し重い。
しかし、自転車購入後、レーシング7はほとんど使用していません。

もう一つホイールを所有しております。
これでーす。(NHK風)

P1150745

シマノのWH-R600です。
なんじゃそりゃあ、R500の間違えではと思うか方もいるかも知れませんが、
昔アルテグラグレードでR600というものが存在しました。
(この流れは今でも6700シリーズであるのかな?)
とりあえず重量は 1656g(F744g R912g)※実測もこんなものでした。
意外に軽量だと思うのですが、当時(5~6年前か)の価格で実売5万円程度
だと思います。

ちなみにフルクライムのホイールと比較してみると(重量だけね)
レーシング0  1460g (F625g R835g)
レーシング1 1505g(F645g R860g)
レーシング3 1595g(F680g R915g)
レーシング5 1760g(F775g R985g)
レーシング7 1841(F820g R1021g)
※全てカタログ値ですし、年式によって重量は異なります(あくまで目安ね)
レーシング5以上、レーシング3以下てな感じです。
リアに関してだけならレーシング3より軽いぞ。
それから、このホイールの最大の特徴は。
これでーす。(NHK風)くどいて!

P1150745_1

リム側にニップルがなく、ハブ側にあります。
こうする事で、ホイールの外周を軽量化して、漕ぎ出しを軽くしてやろう
という事の様です。ディープリムとは逆の発想です。

確かに普通のホイールと比較すれば漕ぎ出しの軽さは実感できます。
特に登りでその効果が発揮されます。(反面高速巡航性能はよくない)

なんだかこうして記事にしてみると、とりあえず新しいホイールなんか
必要ないじゃんと言うことに思えるんですけど、このホイールの最大で、
致命的な欠点は・・・。
カッコ悪い。今時シルバーのホイールなんてね。ありえんて。
これがシマノデザインですよ。性能はいいが、ダサイ。

フルクライムのホイールが売れるのは、デザインと性能の良さなんですね。
(高いですけど)
という事で、フルクライムのホイールが欲しいのですが、はじめにもかきましたが、
先立つものがないという、叫びの記事でした。

さて、もう一つのお題ですが。
「BRM0302チラ見」
昨日、レーシング7が、本当に使えないのか、再認識するためにちょっとした
坂道を走りに行きました。

P1160897

レーシング7を装備したバイク。

どうせなら、ちょうどこの日に開催されているブルベBRM0302中部
200Kmの様子を見物しようと思い、愛知緑化センターまでトランポして
ブルベのルートを走り、適当なところで折り返して、PC2のコンビニを
チラ見して帰ろうと。

しかし、緑化センターから走り出して早速迷子になり、ブルベとは違う道を
3~4キロ走り、おかしいと思い引き返して・・・。
方向音痴の私に録って日常茶飯事ですが、そんな事より「暴風」ですよ。
今日は自転車で走る様な日ではありません。というか、外に出る日ではありません。

とぼとぼ引き返してブルベのルートに出たとたん、反射ベストを着た人たちが、
いっぱい走ってます。

とりあえず、ブルベライダーに紛れてしばらく走りましたが、あまりの暴風に
心が折れて、3つ位坂を登ったところで、折り返して、PC2のコンビニまで戻ります。

P1160890_1

おるおる 変態たち 剛脚たちが。
何となく中に入る勇気がなく、とぼとぼと緑化センターへ戻りました。
はい、帰りも迷子になり、余分に走りましたが。

P1160894

緑化センター周辺の道は最高に走りやすいです。(暴風でなければね)
ホイール(レーシング7)のインプは、あまりに暴風過ぎて分かりませんでした。
今日はどんなホイールでも辛いです。

そして、このまま帰るのも何なんで、クルマで、ブルベの様子を見物する事にします。
こんな日は、暖かいクルマの中で、ドライブですよ。

P1160898

走り出してすぐにブルベライダー発見。なんかね180名の参加とかですよ。
やっぱり反射ベストは必要ですよ。クルマから凄く発見しやすいですよ。
普段も着用した方がいいですね。

P1160899

登り区間です。

P1160901_1

クルマで走るには最高の道路ですが、
ここは登坂路のある長い登り区間です。
ブルベライダーがフラフラ登ってました。

P1160903

信号待ちでも、ブルベライダー。

P1160907

長い長い登り区間

P1160906_1
写真ではわかりづらいですが、(岩村付近から)雪が降ってますし、
標高が上がるにつれて気温も低くなってきました。
もうね。見ていて気の毒になってきますよ。
まだこの後、中山道の峠とかあるのにね。

でもね、走っているブルベライダーをクルマから見ると、
みんなかっこいいですよ。なんだか、凄く感動しました。
やっぱり自転車ていい。

私も、トレーニングして、このコース走れるようになりたいです。
ホイールなんて、何だって関係ないね。

参加された方、お疲れ様でした。

おわり

0

コメント

広告
広告