おどってきました 〜小渡夢かけ風鈴2018〜

盆踊りとかではなくて。
小渡(「おど」て読みます愛知県豊田市)へ行くことを地元のチャリ乗る人の極一部は「おどる」て言ってます。あぁ、今回はチャリではなくクルマでね。
最近の愛知県、38度とか普通ですからチャリ乗るなんて、命に関わる危険な行為ですって。しかし、結構「おどって」ました。「おどマ」にチャリたくさんいたなぁ。「おどマ」ていうのは、小渡にあるファミマのことね。地元のチャリ乗る殆どの人がそう呼んでます。未だに「おどK」とか言ってる時代にとり残された奴もいますが、ファミマに変りました。チャリ乗りの聖地とも言われているコンビニです。(山奥の唯一のコンビニてこと)
炎天下にホント、チャリ乗る人って色々な意味で感覚イかれてると思う。
因みに、3年前に私が真夏にチャリで行った記事はこちら

今回はクルマで行ったので、カメラ機材はフル装備です。
約5,000個の風鈴があるらしいです。(数えてる時間ありませんでしたが)
今日は風があって風鈴の音がうるさい心地よいです。しかし、とにかく暑い。
日焼け止め塗りまくって来たけど、首筋がジリジリ痛い感じ。

おどマ交差点から集落へ続く坂道沿いの、商店や民家の軒先きに風鈴が飾られています。

ガラス製の風鈴に色付けしてオリジナルにしてあるのか、オンリーワンの物もありました。

集落の中程に「増福寺」があります。「風鈴寺」と私は勝手に命名しました。
階段を登り詰めると・・・。

風鈴だらけの寺。ほら、風鈴寺でしょ。

ここの風鈴は金属製で、チリンチリンと甲高い音がします。
風が強く吹くと一斉に鳴り響き爽快です。

風鈴が欲しい人は普通にお店で購入できます。
この巨大な風鈴はハリボテだぞ。

店内はこんな感じで、普通の雑貨屋さんに風鈴がたくさんぶら下げられている。
だいたい1個500円から1000円程度と安い。
風鈴よりも、懐かしい雑貨屋さんの雰囲気に圧倒され、むかし家にあった急須とか鍋が気になって、結局なにも買わずに出てしまったが、風鈴買わずに今後悔している。

帰りに「おどマ」でアイス食べて帰りました。

8月31日までやっております。
狭いエリアに集中していて、凝縮されている感じでいいです。
風鈴の音に癒されたい方にオススメです。暑くなくて風のある日が良いです。
公式サイトはこちらからどうぞ。

今回使用した器材(一部新型機種あり)amazonへリンクします。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D
Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM
Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応
Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8L II USM フルサイズ対応
↑(これの旧型を使用)