X100Sのレンズフード替えてみた(UN フード スクエアーフード49mm)

FUJIFILM X100Sを使い出して随分経ってしまいましたが、レンズフードを替えました。
当初は予算不足で中華製のパチモンみたいなやつを使ってました。
過去の記事はこちらです↓
フードとストラップ X100S
X100S用のフードを購入しました。 純正は高いので、こちらの中華製で我慢。 でも、作りは悪くなく、がたつきなどもなく特に問題ありません。 欲を言えば、本体との色が若.......続きを読む

ところで、X100Sはすでに2つ前のモデルになってしまいましたが、まだまだ十分使えます。

今回購入したしたレンズフードはUN フード スクエアーフード49MM UNX-8118
小型の角型フードでかっこいいです。

シルバーのカメラにブラックのレンズフードてどうよ?て思ってましたが、えぇ感じだと思いませんか。お値段は少々高めですが、FUJIの純正よりは安いです。

取り付け方法は、まずねじ込み式の丸型リンクをレンズまたはフィルタ先端のネジに取り付けます。
上の写真は既にフードが取り付けられていますが、購入時は丸いリンクとフードは分離してます。
回らなくなるまで強く締め付けておきます。

丸リンクが付いたら、フード本体を取り付けて、真っ直ぐになる位置に調整して、小さなネジ(6角)で締め付けます。上の写真の小さな穴がネジになってます。反対側にもう一箇所、合計2個のネジで固定します。(レンチは付属しているので買う必要はありません)

49mmのフィルターが取り付けられるレンズになら、多くのタイプに取り付けられます。
ただし、フォーカス時にフィルター部が回転するタイプは、角型フィルターなので無理です。

レンズフードが替わったからといって、写真の写りが良くなるとかないですが、なんかフィルム時代のライカを彷彿させ、ロマン重視て事になります。

購入する際は、49mm以外にもサイズがありますので、お間違いなく。

0
カメラ
広告
Silent Dream | an氏の雑記

コメント