JR名松線と君ヶ野ダムさくらまつり 〜三重県津市〜

春爛漫のJR名松線の撮影行ってきました。
桜は満開、晴天、仕事はお休み、条件が全て満たされた。
あとは行動力だけ。

伊勢竹原 〜 伊勢鎌倉

雲出川に沿って伸びるJR名松線と県道15号久居美杉線。桜は正に満開でした。
少々風は強いが寒くはない。絶好の撮影日和と言っていい。

ただ、名松線のダイヤは薄い。基本2時間に1本。
上下線を合わせて2時間に2回の撮影チャンスしかありません。
(クルマで追い越すという荒技はありますが・・普通は無理)

撮影地のチョイスに悩む。名松線はこれで4回目になるので、およその土地勘と
有名撮影地は抑えているつもりだが、サクラと絡めて撮れるかどうかは、
行って見なければわからない。

とりあえず、車で沿線を一気に走り下調べ。しかし県道は土砂崩れで一部通行止め。
さらに、道を間違えてタイムロスしたりで、貴重な撮影チャンスを逃す(>◇<)

権現前〜伊勢八太

さくらと列車の写真て、どうしてもこんな感じになりがちです。
今回はこんな感じで、類似した写真ばかりですが、ご承知おき下さい。
あと、掲載順は時系列になっておりません。場所があちこちに飛んだりします。
実際にクルマで行ったり戻ったりもしています。

家城〜伊勢竹原

ここは紅葉で有名な場所なので、どうかと思いましたが、行ってみたら、
橋のたもとに桜の木があったので、無理やり絡めて撮影。
今回は、とにかく「桜と絡めて撮影」に徹しております。
右奥のもみじ?は見事に枯れ枯れでした。

伊勢竹原 〜 伊勢鎌倉

桜をメインに撮影(列車ぼかし)してみましたが、やっぱり反対だったかなと今思ってる。
とにかく桜が満開で、桜を撮りたかったです。

伊勢竹原 〜 伊勢鎌倉

さすがに桜の後ろを通過する列車写真ばかりで、面白味がないので、
橋の下から超広角で桜を絡めて撮影。

この後、伊勢奥津駅に行ってみましたが、桜は終了しておりました。(・◇・)
奥津へ向かう県道15号は土砂崩れで通行止めだったのですが、
比津駅までは行けたので、比津駅で駅撮りをすることにします。

比津

比津の駅には、いつになく沢山の人が列車を待っていて驚きました。
この駅は、道路から俯瞰気味に撮影できて、私のお気に入りの駅です。
写真上部に桜がちらりと写り込んで言えるので、セーフですよね。(・ω・)

14時を過ぎて、日が傾いてきたので、名松線の撮影はここまでにして、
君ヶ野ダムさくらまつりに向かいます。

君ヶ野ダムさくらまつり会場

君ヶ野ダムは、1枚目の写真の左上に写り込んでいるダムで、さくらまつりを毎年やっている事は知っていましたが、この季節に来るのは初めてです。
ダム湖周辺に植えられた沢山の桜が満開でした。
ここは、桜祭りのメイン会場のようですが、本番は明日で、この日はテントが張られて、
準備万端で感じでした。「君ヶ野の鍋300円」てポスターが気になりましたが仕方ないです。

ダム湖を一周できる道路沿いに沢山桜の木があり、夕日に照らされて、
ちょっと違った感じで、綺麗です。

そして、ダム湖に西日が射し、桜の花びらをオレンジ色に染め始めます。
これにて、名松線沿線のさくら撮影は終了です。

満開のさくらで、もうお腹いっぱいです。
最後に見たダム湖の桜が印象的で、名松線のさくらが霞んでしまいました。

0
写真鉄道
広告
広告
Silent Dream | an氏のブログ

コメント

広告
広告