カメラ用一脚レビュー Velbon UC-STICK R60 6段 ウルトラロック 脚径30mm

軽量コンパクなカメラ用一脚。
Velbon UC-STICK R60を購入したので、レビューしてみる。

カーボン素材使用で超軽量

ポール部にカーボン素材が使用されており、持った感じ「軽!」て実感できる。

カタログスペックで315グラム。
実測してみると、313グラム。2グラム軽いぞ!
iPhone11 の6.1インチモデルの重さが194グラムなので、スマホ2台分より軽い。

しかし、雲台が付いていない状態なので、このままでは使用できない。
さらに雲台の重量は加算される。

雲台は付属していないので別途購入が必要

雲台は同じメーカーVelbonのQHD-53を購入。
自由雲台としてはミドル級で、推奨積載質量4Kgまでいける。
重量は実測で199グラム。

一脚と合わせて512グラム。
iPhone11 6.1インチモデル換算で、2.6個分である。

軽いと言っていいと思う。

ポール収縮は6段ウルトラロック式

ポールの収縮は6段式で、左に回してゆるめて、右に回してロックするだけの超簡単方式。
ウルトラロック式と言うらしい。Velbon独自のものだろう。

これまでレバーロック式やネジ込式を使用したことはあるが、この方式は初めて。
とりわけレバーロック式は重いレンズは下がってしまい、使用できなかった経験がある。

サンニパでも使用できる?

重いレンズが下がると言うのは328(サンニパ)の事。
これを一脚で使うなよ!
というご意見はここでは受け付けませんww。

ちなみに328の重量は3.5Kg。
これを使用する前提で、一脚および雲台を選択している。

UC-STICK R60は推奨積載重量4Kgで、一脚としてはヘビー級。

結論としては、この一脚、328でも下がる事なく使用できた。
しかし、一脚にぶら下がるような力をかけると、ズズズ・・・と一気に下がるので注意。
ウルトラロック式、積載重量4kgならば、さほど余裕は無い印象。

雲台取付ネジ部

一脚の雲台取り付け部はUNC1/4(細ネジ)
雲台購入時は取付可能なものを選択する。
一般的な雲台なら対応しているはず。

雲台側のネジ部。
VelbonのQHD-53はデフォルトでUNC1/4(細ネジ)が取り付けられており、
三脚や一脚に合わせて太ネジにも交換できる仕様。

高さ調整と最高長さ

長さ調整は、下側ポールから順に伸ばし、一番上のスポンジの付いたポールで微調整するとやり易い。
取説にもそう記載してある。

全開に伸ばした場合の長さは1500mm程度で、身長170cmくらいならほぼ目線までは来るので
問題ないだろう。

カメラへの取付は、一脚本体をクルクル回さなくても、このダイヤルを回す事で、しっかり固定できる。

私は一脚派

一脚の必要性とかは、意見が別れる所だと思うが、私は三脚より一脚派。
超望遠レンズを振り回したい派だ。(鉄道写真の場合ね)
手持ちより断然手ブレ防止にもなる。
何より、写真撮影においては、身軽に機動力が最優先だと思う。
ちなみに328を常用している訳ではないよ。

Velbon 一脚 UC-STICK R60 6段 ウルトラロック 脚径30mm 中型 雲台別売 台座径40mm カーボン脚 324269
Velbon 自由雲台 QHD-53 中型 底面径44mm アルミ製 472823
0
カメラ
Silent Dream | an氏の雑記

コメント