三岐鉄道北勢線 2020年夏 (前編)

撮影地:東員~大泉

戸上川にかかる鉄橋の堤防の歩道にある小さな踏切。
明け方降った雨で濡れたアスファルトに朝日が照りつけ、蒸し蒸しと暑い。
今日は夏をイメージさせる写真をテーマに撮影に挑みます。

撮影地:東員~大泉

戸上川に架かる鉄橋。
こんなか細く頼りない鉄橋でよいのでしょうか。
午前中の比較的涼しい時間帯にクルマで主要な撮影地を回る作戦です。

撮影地:めがね橋(楚原~麻生田)


めがね橋
コンクリートブロック製の3連式アーチ橋で、北勢線の名物でもあります。
ご覧の通り、夏草に覆われて、その全容を納めることができませんでした。(涙)
近くに「ねじり橋」と言われる橋もあり、基本的にめがね橋と同じアーチ橋なのですが、
アーチ部のブロックにねじりを入れた積み方になっており、大変珍しいとの事です。

撮影地:楚原~麻生田

ぎっしり実った稲穂と夏の雲をバックに走る小さな黄色い電車。
日差しを遮るものがなく、とにかく暑く、肌がジリジリ焼ける感じが痛い。

撮影地:楚原~麻生田

北勢線にも鉄道むすめがいます。「楚原れんげ」
鉄道むすめとは、TOMY TECとのコラボ企画で、実在する鉄道会社をモデルにした
キャラクターを設定して、フィギアや鉄道模型など様々なものが販売されています。
詳しくはTOMY TECのサイトをご覧下さい。

撮影地:楚原駅

さて、クルマによる撮影地巡りはこれくらいにして、楚原駅にやってきました。
北勢線の主要な駅には、鉄道利用者向けの無料駐車場があり、クルマをおいて
電車に乗車することができます。

楚原駅の西桑名方面手前に、北勢線で最も急勾配33.3パーミルがあり、
ホームの端から、登ってくる列車を撮影できます。
望遠レンズの圧縮効果を利用してこんな写真を撮ることも可能です。

今回は一日フリーパスを利用して、全線を乗ることにします。

北勢線乗車は、後編に続きます。



0

コメント