ロードバイクにスマホを固定する

スマホをサイクルコンピュータ代わりにしたり、GPSログを保存したり、マップを表示させたり、
そんな時代になりましたね。そんなわけで、私のスマホの固定方法を紹介しますね。

過去にトップチューブバックとかいろいろ試しましたが・・。
結論言いますね。
RECMOUNT一択です。
ダイレクトにハンドルに取り付けるタイプで、シンプルな所がよいです。
マウントを取り付ける手段(パーツ)も豊富にあり、実際の運用スタイルに合わせて
良く考えられています。

私が使用しているのは、ハンドルステムのネジと共締めするタイプの物です。
選択の理由は比較的安価で軽い事です。
実際に使ってみとハンドルのやや上の中央にスマホが来ます。
取り外しは基本90度回転させるだけで、外すときはロックレバーを押しながら回転させます。

スマホ側は強力両面テープで貼るタイプのマウント(メス)を貼り付けます。
自転車側のマウントとは別売りになります。
普段使用しているケースとは別にもう一つ購入してマウントを貼り付けました。
自転車で使用しない時は、ケースを交換する事にしています。
因みにiPhoneには専用のマウント付きケースが販売されています。

私のスマホはGoogle Pixcel3aでそれほど大きくないですが、ハンドルの上を占有され、
ライトやスピードメータを取り付けるのに窮屈になりました。

そこで、ハンドルにミノウラのスペースグリップというマウントを付けて
スピードメーターとライトを取り付けました。

このマウント、色がシルバーでなんか浮いて見えます。
はっきり言って、ダサいですね。

ブラック塗装しました(・ω・)

本塗装する前に、下地作りとして「ミッチャクロン」を吹いておきます。
これ、ありとなしでは塗料のノリが全然違います。(おすすめの品)

いい感じになりました。(^o^)

ライトも小さめの中華製買って見ました。
基本、夜は走行しませんがトンネルとか非常用ならこれでよいでしょう。

Amazonで1500円程度で、充電式でモバイルバッテリー代わりにもなるようです。
本体はアルミ製でずっしり重いですが、質感はいいです。

スマホの充電は、トップチューブバッグに忍ばせたモバイルバッテリーから行います。
GPSアプリを常時起動していると、バッテリーの消費は半端ないですから必須です。

最後に、スマホ用のサイクルコンピューターアプリでなんかいいやつ無いでしょうか?
とりあえず、Bikeometerとかいうやつ使ってますが、GPSログのエクスポートボタン押しても
ファイルがどこにも保存されません。


コメント