WH-R501-30

今日はシマノの完組ホイールWH-R501-30をインプレします。
P1170610
なんで今更R501かって?
それはね、お金がないからです(涙)
お金がないのは事実ですが、本当は前回紹介したプロトン号用に買ったんです。
でも、インプレはロードバイクで行います。(意味あるのかて?)
お値段は、Amazonで9千円ちょっとでした。安い。
さて、余っていたスプロケ付けて、タイヤはめて、持ち上げてみると「重ぃ!」
というのが第一印象。

なんかワクワクしますね。実はね、昨日エスケープ号に付けて試走したんですけど、
途中で雷ゴロゴロで、びしょ濡れで、インプレどころではなかったんですよ。

さて、上の写真ですが、デザイン的にはそれほど悪くはない。
Rの文字が赤色ていうのがどうかと思いましたが、モノクロ調のKUOTAなら
許容範囲かな。

それでは、インプレです。
まず、漕ぎ出しは、あり得ないほど重い(ギアが一番トップに入ってました・・・)
ブレーキが効かない!(ホイールはめたとき緩めたブレーキを締め忘れてました・・・)
すみません。冗談は抜きで、漕ぎ出しは普通に漕ぎ出せましたけど。(ちょっと重い)

一応、リム高さが30mmありますから、高速巡航用のホイールということになるので、
漕ぎ出しが少々重いのは当然ですね。
加速もそれなりに踏まないとぐいぐい進みません。
でも、時速28キロ位から、いい感じでスピードに乗れます。(28キロですよ)

結論を先に書きますね。
このホイール平地を28キロ付近で巡航するのに最高です。
重いホイール全般に言える事ですけど・・・・。

登りはかなりがんばらないといけません。
重量から来る欠点はどうにもならないです。

それからね。
個体差もあるかも知れませんが、
リアのラチェット音がかなり大きいです。(旧R500比)

あと気になったところは、ファイナルローにしたとき(フロントはインナー)
リアディレーラーがスポークに当たり、ガラガラ音がします。
(他のホールは当たらない)
これは、リアディレーラーの可動範囲を微調整する事ですぐに解決しますが、
ホイールを交換する度に微調整ていうのもどうかと思います。
単純にリムのセンターズレているという事だと思います。(ハズレをひいた)
調整でなんとかなる範囲なので良しとします。

最後に、リム高さが30mmありますから、
チューブはロングバルブを使用した方がいいです。

バルブ長40mmのチューブも使えない事はありませんが、
空気入れのタイプによってはバルブの出っ張りが足りません。
バルブ長は50mm以上がいいです。(60mm推奨)

ひと言でまとめると
お値段を考えれば、いいホイールだと思います。
月並みなインプレで参考になりませんね。

今度は、フルクライムのレーシングゼロとかのインプレができるといいのですが・・・。
先立つものがね。

0

コメント

  1. […] 検索してくるのか。 こちらの記事 […]