逢妻女川自転車道

P1100858

愛知県豊田市のサイクリングロードといえば、安城豊田自転車道が有名だが、もうひとつすばらしい自転車道があることをご存じだろうか。昔一部を走ったことがあるだけで、その自転車道の名前や、どこが起点で、どこが終点なのか、詳しいことは全く知らなかった。ところが、ふとしたきっかけから、改めてこの自転車道について調べ、走りたくなった。

とにかく現地調査である。

その自転車道の名は「逢妻女川自転車道」名前の通り、逢妻川の堤防に沿って伸びる自転車道である。

P1100857

現在は、豊田市駒場町のエイデン豊田商品センター付近(上の写真)から名鉄豊田線の浄水駅付近までの全長約17キロが開通している。最終的には、刈谷市総合運動公園から知立市の逢妻橋を経て国道1号線を横切り繋がる計画のようである。

P1100867

エイデン豊田商品センターから走り出してすぐに、伊勢湾岸自動車道が見えた。このあたりは、かすかな向かい風であったが、時速30キロ程で快調に飛ばします。

P1100884

途中、市街地に出ることなく、常に右か左に逢妻川が流れていて、あたりは田畑ばかりである。遠くに豊田自動車の「○○工場」がいくつも見えて、車の街豊田市だと実感する。

P1100913

東名高速道路をアンダークロスして、さらに田んぼの中の1本道を快適に走ります。とにかく、自転車が走っていません。歩いている人は時々追い抜いたり、すれ違ったりしますが、自転車がほとんど走っていない。貸し切り自転車道です。

P1100887

途中、堤防の工事で通行止めの区間もありましたが、迂回してすぐに自転車道に戻る事ができました。

P1100925

やがて、自転車道の風景は変わり、田んぼの1本道から、左側に樹木が茂る森を見ながらゆるやかに左に曲がります。この森の正体は、ゴルフ場のようです。

P1100924

そして右手に立派な建物が見えました。どうやら浄水の駅前にある病院や学校のようです。

P1100933

ところが、何の予告もなく突然自転車道はなくなりました。先に進むことはできず、来た道を少し戻り、国道へ出ます。そう、ここが自転車道の終点のようです。この後名鉄浄水駅前へ向かいます。

P1100941

随分おしゃれな駅になりました。豊田線が開通した頃に一度だけ浄水に来たことがありますが、駅しかない駅だったと記憶しています。ところで、今回は、ロードレーサーとして蘇ったプロトン号で走りました。

0
ポタリング
広告
Silent Dream | an氏のブログ

コメント