レトロでんしゃ館と琴電

名古屋市交通局日進工場の敷地内に「レトロでんしゃ館」ていうのがあります。
随分前に行った時の様子をお伝えします。(写真だけですけど)
名古屋市の地下鉄の旧車両が展示保存してあります。
東山線を走っていた100形。黄電ですね。これ現役で私も乗ってました。

車内もなんとなく覚えてます。至ってシンプルですね。
エアコンはなくて、扇風機だけで窓全開で走ってい多様な記憶があるような、無いような。
デジカメ持って行かなかったので、スマホで撮影しました。ハイライトがぶ飛んでます。

車庫内に押し込まれているので、外から撮影するとこんな感じです。
ハイライト飛びがなんかいい味出してませんか?

市電の2000形、3000形、1400形も展示されています。

床のレトロ感がいいよね。
ここに来れば、いつでもあの頃のあの路面電車、地下鉄に会うことができます。

さらに、本物に会いたいあなたは、四国琴電へどうぞ。
レトロでんしゃ館に展示してある形式は違いますが、リアルに走ってます。

名古屋市営地下鉄時代の750形の中間車に運転台が取り付けられたりとかなり魔改造されてる
ようです。あまり詳しくわかりません。間違っているかも知れません。
2000年2月撮影

こちらは、もと東山線の300形か1200形から改造されていると思われます。
詳しくはわかりませんので、誰か解説お願いします。
2000年2月撮影
昔わざわざ四国まで行って撮影してまいりました。

コメント