【写真コラム】ノスタルジー 其の5  No.013

広告
広告

大量にフィルムを消費していた頃の昔話も、今となってはウザイ老害と言われそうですが、デジタルになったからと言って写真との向き合い方が180度変わるわけではありません。記録媒体が違うだけで、最新のカメラのアーキテクチャだって、フィルムカメラで培われた技術そのものです。そのうちカメラからシャッターが無くなる日が来るのかな。
難しい事は考えずに、お気に入りのカメラでとにかく外へ出てシャッターを押す。
ここからしか始まりません。(私自身耳が痛いですが)
今は、FUJIFILMのX100Sを使用してますが、EVF(電子ビューファインダー)とかOFFにして楽しんでます。EVFなんていらねーから、その分光学ファインダーをライカ並みにしたデジカメ作らないかな?もしかしたらあるのかも知れないけど。

車が通るには狭すぎる道。人とすれ違うと意識せざる得ない幅の道。
誰が呼んだのか、乳母道て言います。(乳母車を押したおばあちゃんが達が好んで通る道)
この町にはこんな微妙な幅の道が沢山あります。カメラ持ってぷらぷらしていると不審者通報される事があります。それはもう仕方ありません。不審者ではないけど不審者ですから。

カメラ:CONTAX ST
レンズ:CONTAX Distagon 35mm F2.8
フィル:Kodak T400CN

0
写真コラムフォト散歩
広告
広告
Silent Dream | an氏のブログ

コメント

広告
広告